人間の歯の生え変わりは乳歯から永久歯の1度きりです。
そのため、永久歯が抜けてしまうとそれ以上歯が生えてくることはありません。
人間は歯を使って食べたものを噛んでいるので、永久歯がなくなると食事に不自由します。
1本の歯がなくなっただけで食事の効率は大きく下がりますが、すべての歯がなくなってしまうと食べるものが少なくなってしまいます。
おまけに、見た目も良くありません。

そこで、歯を失った患者さんのための治療として総入れ歯があります。
総入れ歯は、歯を失った粘膜の上にプラスチック樹脂でできた入れ歯をのせるというものです。
昔から行われている治療ですが、歯茎が当たって痛みが出るなどの違和感が強く噛みにくいことから、せっかく入れ歯を作っても装着しない人が多かったです。

そこで、歯を失った部分に入れ歯ではなくインプラントという治療が普及しました。
インプラントは、歯のない部分の骨にチタンを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療です。
入れ歯よりも自然な噛み心地が得られ、見た目もいいので快適な治療です。
しかし、従来のインプラントは失った歯が多ければ多いほど、たくさんのチタンが必要になり、その分患者さんの身体的な負担や治療費が高額になってしまうという面もありました。

そこで登場したのがオールオン4です。
オールオン4はすべての歯を失ってしまった患者さんに対する治療法で、たった4本のチタンですべての人工歯を支えるという今までにない方法です。
オールオン4がオススメなのは、患者さんの負担を大きく減らすことができるからです。
治療費は大幅に安くなりますし、チタンを埋め込む手術の時間も減るために体への負担も軽減できます。
今まで手術が怖くてインプラント治療に踏み切ることが出来なかったという人にもオススメです。

オールオン4のメリットは、噛み心地が自分の歯のようだという点もあります。
骨とチタンは結合する性質があるため、噛み心地も感じることが出来ますし、固い食事も気にすることがありません。
使用する人工歯はセラミック製なので透明感があり、美しい仕上がりです。

ただ、いくら自分の歯のように噛むことができるといっても人工物なので手入れは必要です。
毎日の歯磨きに加えて、定期的に歯科医院にメインテナンスを受けに行くことで、常にいい状態で使い続けることができます。
メインテナンスでは専用の器具を使ってきれいにしてくれたり、噛み合わせの調整なども行います。